2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高知城と水害と功名が辻 | トップページ | 仁淀川 柳瀬 あいの里 »

仁淀川 越知片岡の沈下橋までおでかけ

今日は、いの町「あいの里」まで配達。お仕事すまして一息ついてると、駐車場に関西方面のナンバーの車からファルトらしきものを降ろしている人がいる。話しかけてみると、「出来地か、片岡あたりから下る予定」とのこと。一人だったので、こちらが勝手に申し出て、片岡まで運んであげることにする。 

 いつもはポリ艇で下るので、ファルトで下るときの事を意識しないのだが、改めて見ると、底をすりそうな場所がいくつかあることに気づく。ファルトだと底が破れてしまう危険があるのだ。今日は黒瀬キャンプ場の上が少しヤバそうだったが、それ以外は出来地の瀬もファルトでいけそうであった。(水量が少ないと出来地は底をすりそうになる時がある。)

 今日はダム放流中とのことで水量も多くそれほど濁りもなく、瀞場も早く進みそうである。少し気温が低いが、すぐ気温も上がるだろう。

片岡の沈下橋について、彼を降ろし、帰路につく。それにしても片岡から出来地あたりはいつ行っても気持ちいい。4月は仕事で下れそうにないが、鮎のはじまる6月前までにぜったい通うぞ~。と心に誓う。

Oさん、仁淀川楽しめましたか?

ちなみにいの町の仁淀川沿いは、バスもありますが、便数も少ないです。特に「あいの里」から上流は便数が減ります。仁淀川あいの里のあたりを下るときには、キャリア付きハイヤーでカヌー搬送してくれる「大はらハイヤ-」さんがあります。カヌーで仁淀川を下る方は情報として知っておくと便利かと思います。

 大はらハイヤーさんのHPはこちら

 片岡~黒瀬キャンプ場をカヌーで下る、はこちら。

« 高知城と水害と功名が辻 | トップページ | 仁淀川 柳瀬 あいの里 »

「アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/1489214

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川 越知片岡の沈下橋までおでかけ:

« 高知城と水害と功名が辻 | トップページ | 仁淀川 柳瀬 あいの里 »