2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 安芸市内原野公園 | トップページ | 異常気象 »

土佐の高知はいつまで土佐の高知なのか?

功名が辻が始まって以来、家内が、歴史の本を読んだりしながら「山内一豊と千代」のお勉強をしているようである。私もつい興味がわいてしまうのだが、どうも一豊という人は、どうにも「うだつの上がらなかったヒト」のようである。

今でも「一豊の妻」というお菓子はあるが、「一豊」という商品名はあまり聞かない(笑)

歴史をしらべてこれだけうだつのあがらない男が何故一国の主となったのか、あら不思議?そうか嫁さんがすごかったのか、というのがどうも「功名が辻」のお話のようである。だから家内が自分とオーバーラップしていつもより熱心に大河ドラマ観てるのか(苦笑)

 家内が読んだらしいが、土佐にやってきても、以前土佐を支配していた長曽我部氏の元家来たちを「宴をやるからこい」と呼んでおいて、千代が反対したにもかかわらず、斬り殺したらしい。やれやれ。

 さらに、上士(山内家家来)と郷士(長曽我部氏の元家来)という身分制度つくって、郷士は雨の日も下駄はくなとか地元の侍を差別してたらしいのである。なんだか官僚的?(←上士と郷士については、司馬遼太郎の「坂本龍馬」あたりにその記述がくわしい。小山ゆうの坂本龍馬の漫画にもでてくる)

なんだか高知で山内家の人気があまりないのはどこかにそんな昔からのことがあるからなのか。反骨精神をもつ「いごっそう」もそんな徹底的な差別のなかから生まれてきたのかも←勝手な推測だが。

 お城を開放して、「よろしくね」と宴をひらき、お城にやってきた人々が喜んで「お殿様は偉いヒトだな~」と「えらいやっちゃえらいやっちゃ」と阿波踊りを生んだお隣阿波の蜂須賀公とはえらい違いだ。

余談だが、うちのATOKで「はちすかころく」とうつとちゃんと変換されるなあ。さすが徳島の会社!「かずとよ」とうっても「一人よ」と変換されるぞ、ここでも影がうすいぞ「一豊!」

TVでは、忍びが千代の幼なじみで、「情報」を手に入れている様子が描かれるが、千代さんは、「情報」戦に長けていたらしい。今も昔も「情報」をにぎったものが勝ちか。

さて、時代かわって現代。私が気になるのは、高知の商品とかにやたらに「土佐」がつく。

「土佐犬」「土佐ジロー」「土佐文旦」「土佐和紙」「土佐備長炭」等々。「土佐の高知のはりまや橋」からはじまって「南国土佐の~」というフレーズも多い。

たしかに県外にでると「高知」はわかりにくいみたいで「土佐の高知」というと通じることも多かった。

が、21世紀。廃藩置県で高知になって100年以上たってもやっぱり「土佐の高知?」

「江戸の東京」「薩摩の鹿児島」「琉球の沖縄」とか聞かないなあ。

こうなったら「高知県」やめて「土佐県」のほうがずっとすっきりするような気がするが・・・

« 安芸市内原野公園 | トップページ | 異常気象 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まあくさん、コメントありがとうございます。うちのATOK14は、紹介くださったHPよりATOKのページをたどって見てみると、5世代前のものでした。
これでは、「ATOKのせい」というよりは「ちゃんとバージョンUPについていってない私のせい」ということになりそうですね(笑)

 何年か前に「ATOKに大阪弁変換機能がついた」という話がありましたが、ATOKのHPからたどって「方便」を集めているHPがあるところをみると「土佐弁変換機能」もそのうちできるのかな(できてるのかな?)

貴重な情報ありがとうございました。また、ぜひお立ち寄りくださいね。(体験版も機会があれば試してみます)

パドラーさん、はじめまして。
ATOK 2006(2005年10月発表、2006年2月発売)は
やまうちかずとよ→山内一豊
やまのうちかずとよ→山内一豊
どちらもスペースキーで1発変換します。
(ユーザ登録単語無し、学習もできるだけ排除した状態で試しました)
ATOK17は かずとよ→一豊 が人名辞書に入っていたので、F2キーで変換できました。
一豊が人名辞書から標準辞書に移ったのは、大河ドラマ放送開始を受けてのことかも……というのはわたしの想像に過ぎなくて、真相はわかりませんが。
余談ですが、こちらの体験版で実際にパドラーさんが確かめてみることもできます。
https://www.justsystem.co.jp/atok/try/
無料で30日間試せるとのことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/1447386

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐の高知はいつまで土佐の高知なのか?:

» GWの予定は決まりましたか [うきうき日記]
私達は2泊3日で長浜に行きます。 ここはNHK大河ドラマ「功名が辻」の 一豊と千代のゆかりの地です。 ※功名が辻 (前編) NHK大河ドラマ・ストーリー 司馬 遼太郎 (著), 大石 静 (著) 黒壁スクエアや、 海洋堂フィギュアミュージアム等 見て来ます。 (見るだけで済まないのが主人、、) たぶん 4月末に販売される 一豊と千代のフィギュア 買うんだろうナ〜 ところで [:食事:]はどこがいいのかな。 安くておいしい食事処、ないかな〜 ... [続きを読む]

« 安芸市内原野公園 | トップページ | 異常気象 »