2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 時間に置き換えるという行為と、シューズの死 | トップページ | 高知仁淀川でカヌー »

あるいて走ってキャラバンバン(笑)

Toochi05200001 高知は久しぶりにいい天気。空気中のほこりも流されたのか、写真が異常に綺麗だ。

さて、今日は午後、用事があり南国市緑ヶ丘のサンプラザ(スーパー)に出かけたのでついでにさんぽ。十市(とおち、と読みます)の池の周りを歩いてみる。(写真はパークタウンをみた所)

この池はのまわり(北と西)には、十市パークタウンが建設され池のまわりの遊歩道も北と西はきれいに整備されている。

Toochi05200002 整備されている部分の遊歩道は、両側に植栽があり、木陰をつくっているので気持ちよい。(左写真)

しかも遊歩道には、親切にも1200mまで200m毎にタイルが埋め込まれているので、歩いた距離がわかるわけである。おおきなお世話なような気もするが、ありがたく利用させていただこう。(笑)

車を止めて、とりあえず走ってみる。久しぶりなので、感覚がつかめない。しかも、携帯と、車のキーを両手に持っているので、バカみたいである。(持ち物はウエストポーチで、とアドバイスいただきました。saitamakujira氏、ありがとう)

 100mくらいで、はやくも息があがりそうになったので、歩く。まだ店に仕事を残してあるので、無理するわけにはいかない。100m走り、100m歩き、を繰り返す。そのうち150mくらい走って100m歩いて、というペースに。

 少々情けないが仕方ない。これが、ふだん歩いたりしてない40男の現実なのだ。

 思ったよりは走れた。走っているとき、何度か自然とストライドが伸びて、少しスピードもでた。持続はしないが、まあそのうち慣れるだろう。1周2800mを25分くらいで回る。思ったより早く戻ってこられた。

 今回のようなくるっと回るコースを走ると、どれだけ進んだか目で確認できるので、達成感があって面白い。「お、もう半分回れたよ」などと走れるのは、楽しかった。

また、走りに(歩きに)こよう。 

タイトルは高知のローカルTV「歌って走ってキャラバンバン」というのど自慢の番組よりいただきましたので、高知以外の方には、なんのことやら・・・です。しかし冷静にみると「のど自慢」も「歌合戦」もすごい古めかしい言葉ですよね。(笑)

今日のおさんぽ2800m(20分)累計3400m(2日で)

« 時間に置き換えるという行為と、シューズの死 | トップページ | 高知仁淀川でカヌー »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/1876940

この記事へのトラックバック一覧です: あるいて走ってキャラバンバン(笑):

« 時間に置き換えるという行為と、シューズの死 | トップページ | 高知仁淀川でカヌー »