2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 30数年ぶりの再会 ザリガニ オオカナダモの花 | トップページ | あじさい街道 »

仁淀川カヌー 6月12日

Yokobatake06120001 今日は、高知の仁淀川横畑(本村キャンプ場)から片岡の沈下橋までカヌー。このブログで知り合ったmatuさんと、その友人と3人で下る・・・はずだったが・・・友人が、初めてとのことでかなり緊張気味。

とりあえず平水で練習するが、漕ぐがまっすぐ進めずくるくる回る。しばらく練習するが、なかなかうまくいかない。しばらく練習して、さてどうしようか?と思案の末とりあえずスタート。

 放水口手前のちいさな瀬は無事クリア。が、その直後浅瀬で石にひっかかり沈。放水口すぐ手前で、すっかり意気消沈。

 そこで私の艇(LIQUIDLOGIK TRYON)と交換。私はパーセプションダンサーで下ることに。友人A氏は、私の艇だとどんどん進む。というか、私の艇が、直進性がいいのだ、ということに気づく。

 ダンサーは、たしかに、ちょっと気を抜くとすぐに曲がる。確かに初心者だと回ってしまうなあ。しかし、この艇は面白い!旋回も早いし、漕いだらどんどん進む。船底も私のは、底が微妙に三角で、曲がる反対側に艇を傾ける必要があるが、ダンサーなら曲がる方向に傾ければよい。これが、ロデオ艇なんかの雰囲気なのか!(コクピットが狭いのにはちょっと閉口したが)すっかり楽しくなって、進む。A氏もどんどん進みはじめる。

 その後、放水口下は右に進入。しかし、そこで、A氏沈、matu氏岩に張り付き逃れようとして沈。matu氏は、自力で復活。A氏は艇を流され、瀬を歩いて渡るはめに。

 で、時間がかかりすぎたので、浅尾の橋で終了。私は、珍しく(笑)無沈。

お2人へ・・・疲れさまでした。今日のコースは私は初心者のころからなぜか沈したことがないので、行きましたが、A氏にはちょっときびしかったですね。matu氏、たぶんその艇なら、練習すればロールできるようになりそうですよ。早くロール覚えて私に教えてくださいね(笑)また、行きましょう。

 

« 30数年ぶりの再会 ザリガニ オオカナダモの花 | トップページ | あじさい街道 »

「アウトドア」カテゴリの記事

コメント

matu氏お疲れさまでした。ちょっと前、侍NIPPONも沈してしまいました。残念!相手のディフェンス崩せず、日本らしい攻撃できませんでしたね。ワールドカップはやはり、キビシ~。
 これからの仁淀川は、瀬という瀬に釣り人が立ちますから、行けないことはないですが、正直楽しくはないです。艇のコントロールが上手くないと、気をつかいますし。カヌースクールの人等はくだっているようですけどね。
 また、仁淀川の釣り人の様子も書いてゆきます。
 夏は、水遊び兼河原でマシンコントロールの練習して、秋にはガンガン下りましょう。行けたら四万十川にも行きましょう。四万十の水は、仁淀よりはるかにパワーがあって、瀬を越えられたら感動も大きいです。沈も確実に、はげしいですが(笑)
 友人A氏と奥様にもよろしくお伝えください。

matuです。今日はお世話になりました。私もめでたく川の洗礼を受けました。(ちょっとくやしい初沈です。)前半はのんびりでしたが後半は友人A氏が艇を交換したおかげでスイスイ進む・・・。逆に私は遅れ気味で必死で漕ぐとクルクル回る。もっと練習しなくては。A氏も練習しないといけないな~といってました。なかなかスリルを味わったみたいでしたが、しっかり楽しんだみたいです。
私も、また今度リベンジします。(鮎つりの人がいっぱいだからチャンスあるかな?)
今日は本当にありがとうございました。また次の機会によろしくお願いします。
ps疲れた体に鞭打って、只今、日本対オーストラリアを観戦中。
中村のゴールで1-0。このまま、まずは1勝めざしてがんばれにっぽん。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/2187947

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川カヌー 6月12日:

« 30数年ぶりの再会 ザリガニ オオカナダモの花 | トップページ | あじさい街道 »