2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仁淀川 にごってる そして蛍 | トップページ | ザリガニ »

仁淀川 濁る 近所でザリガニ捕獲

Yananose0612501 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)6月25日(日)午前11時の写真。午後1時のデータでは、加田地点で水位1.95、不動地点0.98国土交通省のデータより。11時のデータわからなくなりました。スミマセン。まあ、だいたいこのくらいの水位です(苦笑)

仁淀川は、水が濁っているので、早々に引き上げ、先日発見したザリガニのいる場所にでかけ捕獲。個人的には自然は、できるだけそのままにしておきたいのだが今回は少々事情が違う。

Zariganudie06250 2日ほど前にザリガニを見に行ったら、ザリガニが次々と死んでいる。

何匹かは生きていた。農薬かなにかのせいなのだろうか、ひっくりかえって苦しそうに手足をじたばたさせている。息ができないのか、神経がおかしくなっているのか、起きあがるのだが、またふらふらとひっくり返ってしまう。

Zarigani0625 しょうがないので、何匹かは保護しようと捕りに行った。

しかし、もうほとんどが死んでいる。50匹近く死んでいた。3面張りのコンクリートの水路で、なすすべもなく死んでいったザリガニたち。

7匹ほどひっくりかえっていたけれど、まだ生きていたのでとってきて、田んぼより上の場所の水を汲んで入れた。今日みると2匹は死んでいた。しかし他の5匹はとりあえずもとに戻っている。

 その場所は、すぐ田の上に水が山から流れており、そのせいで、水が汚されなかったのだろう。ところが、雨がふり、田からの水が川に流れ込んだ。田にはなにか除草剤のようなものでもいれていたのだろう・・・そうとしか考えられない。死んだザリガニのまわりには小さなシジミのような貝の殻がいっぱいある。この貝も死んでしまったのだろう。

 そしてこんな風にして作ったお米を、私たちは食べている。無農薬栽培のその手間等を考えるとき、私は農薬を完全否定できない。しかし、その水で貝やザリガニたちが死んでゆくその水でできたお米を食べることはどうなのだろう・・・考えさせられてしまった・・・

 

« 仁淀川 にごってる そして蛍 | トップページ | ザリガニ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/2384564

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川 濁る 近所でザリガニ捕獲:

« 仁淀川 にごってる そして蛍 | トップページ | ザリガニ »