2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南国市の毘沙門の滝 | トップページ | 仁淀川 にごってる そして蛍 »

仁淀川 加田

Ayukada0621 6月21日高知 仁淀川 「土佐和紙工芸村」まで配達。加田のキャンプ場で一休み。

なにしろ、いい天気で、湿度は低そうだが、日射しが強く暑い。車はクーラーかけっぱなし。「高知の夏」という感じである。

加田のキャンプ場のあたりでは、船が何艘かでて鮎釣りをしている。釣り船には傘をくくりつけている。(クリックで拡大)みていると気持ちよさそうだが、水の照り返し等もあって船もカヌーも以外と暑いのだ。

 農作業の合間に一休みしにきていたおじいさんと少し話しをする。「もう、梅雨もあけそうですねえ」するとおじいさん「いや、石鎚山のほらなんかが、7月の1日にあいて10日に閉まる。それが閉まるときにいっつも大雨が降る。それが降らんと梅雨は明けんろう」(明けないだろう、の意味)とのこと。

ネットで調べると、仁淀川の源流域にある霊峰石鎚山の「御山開き」のことであった。年寄りのいうことはなんだか説得力あるなあ。

« 南国市の毘沙門の滝 | トップページ | 仁淀川 にごってる そして蛍 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/2328344

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川 加田:

« 南国市の毘沙門の滝 | トップページ | 仁淀川 にごってる そして蛍 »