2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仁淀川 川船 | トップページ | 川の向こうで泣いているのはだ~れだ? »

物部川支流 蛍を見にゆく

Mitumata0503031 昨日の夜は、高知県野市町の物部川のほうに蛍を探しにゆく。高知市の東、南国市と野市町の間を流れる物部川。この川にも野中兼山の遺構の用水がいくつかある。

南国市の変な名前の町「御免」(ごめん)も、確か野中兼山の開いた用水と関係したと記憶する。荒れ地だった土地に用水がひかれた。開拓者をつのり、荒れ地を田にする政策がとられ、開拓中のしばらくの間、年貢を納めなくて良いという条件、つまり「年貢御免」の「御免」がその地名となって残った。

さて、写真は野市町の「三又」。「みつまた」なのか「さんさ」なのかは、ちゃんと知らない(笑)。用水が3つに分かれているので三又。

河岸段丘と呼んでいいのか、物部川にそって続く丘のきわにあるので、見晴らしよし、緑がいっぱいで気持ち良し。水もながれて気持ちよし。私が一息つくときに寄る場所である。

 昨日の夜は、蛍が数匹いた。このあたり一帯に蛍が飛んでいるが数はそれほどでもない。しかし、木々と水と蛍と、というのは悪くない。

 その後、土佐山田(今は香美町だっけ?)の工科大の近くへ。けっこうの数がいる。一匹捕まえて子供の手のひらにのせてあげる。三才児は不思議そうにのぞき込みながら、大切そうに両手のひらでちいさなドームをつくりずっと持っていた。

 「そろそろ帰るから、みんなのところに返してあげて」というと、持って帰りたそうだったが、やがて手を開き、蛍はシャツにとまったりしながらやがて群れの方に飛んでいった。

 私が幼い頃、今の家のすぐ近くにも蛍がいた。今は、わざわざ「コンクリートの用水がなく、田の水(農薬)や家庭排水が多く入らない川」を探して出かけなければならない。

どんどん数が減っている、蛍が私たちに教えていることは、多い。

« 仁淀川 川船 | トップページ | 川の向こうで泣いているのはだ~れだ? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/2024036

この記事へのトラックバック一覧です: 物部川支流 蛍を見にゆく:

« 仁淀川 川船 | トップページ | 川の向こうで泣いているのはだ~れだ? »