2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仁淀川 最後の日? | トップページ | 雲 »

仁淀川渇水そして宇佐の塚地坂

Yananose0610200046 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)10月20日(金)午前11時頃の写真。午前11時のデータ渦ノ谷地点で水位0.81、不動地点▲0.46国土交通省のデータより。

水曜日に「あいの里」がお休みで配達がなかったため、5日ぶりの仁淀川である。

いの町の橋のところにある電光掲示板「仁淀川渇水 節水にご協力お願いします」とのこと。

 写真のとおり、くもりとなったが雨降らず。

仁淀川がなんだかさみしい・・・天気のせいもあるが、やはり鮎つりがいなくなったことが原因か?いればちょっとうっとおしい、いなければなんだか寂しい・・・どっかの女房みたいだ(苦笑)

Tukajizaka0610200002  さて、今日は配達があって仁淀川河口西側の町土佐市宇佐町に行った。「塚地坂トンネル」とその前後の道が出来たのが数年前。便利になった。

Tukajizaka0610200001 塚時坂のところから宇佐の町と海と横浪半島が見える。宇佐の町は、横浪半島という小さい半島に囲まれた漁港の町である。すぐ後ろに山がせまり、北風をさえぎるので高知の中でも暖かい場所である。真冬に屋外にでっかい銀バエが群れでいるのを見た時、確信した(笑)

横浪半島には、甲子園でおなじみの「明徳義塾学園」がある。四国霊場八十八ヶ所の「青龍寺」(朝青龍の名の由来となったお寺)もある。

明徳出身は、高知東生(たかちのぼる)←昔は、東急と書いていたが、東急グループに訴えられて敗訴、改名したそうです。しらなかった(笑)。

他に、有名人は、サッカーのサントス(ブラジル)、朝青龍(モンゴル)、横峰さくら(鹿児島でしたっけ)等、高知東生以外みんな高知県以外の出身です。

 他県でもそうなのか?数年前、高知県出身選手が一人もいない高知県代表として甲子園に出場し、地元新聞にたたかれ、最近は二人くらいは高知県出身者を選手として入れているようです(苦笑)

さてさて明徳の事はひとまず終わりにして・・・

 昔は、宇佐の魚を運ぶのにトンネルの上の山を越えて行ったそうである。

写真の塚地坂トンネルの上に、今は遍路道として整備されて昔の道が残っている。塚地坂を越え、仁淀川を渡り、(先日書いた)荒倉の峠を越えて、高知のお城下まで宇佐の魚を運んだ。

 高知の名物「かつおのたたき」表面をわらでふすべて(焼いて)中が生(刺身の状態)で食べる料理だが、一説によると、魚をお城下まで運ぶと、高知の暑さでは状態が悪くなる。そこで少し火を入れたのがこの「たたき」の始まりらしい。

 いまだに夏日が続く高知にいると、なんとなく納得出来る説である。

 

« 仁淀川 最後の日? | トップページ | 雲 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/3902708

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川渇水そして宇佐の塚地坂:

« 仁淀川 最後の日? | トップページ | 雲 »