2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« また仁淀川を下ってきました(笑) | トップページ | 仁淀川 物部川 アンパンマンミュージアム »

いの町土佐和紙工芸村

0611170068yananose 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)11月17日(金)午前11時頃の写真。渦ノ谷地点で水位0.66、不動地点▲0.68。国土交通省のデータより。

昨日(18日)より雨が降り始めました。久しぶりのちゃんとした雨。それほど降水量はないですが、大地に水がしみこんでゆく感じの雨です。

061117kasiki 定点観測の柳の瀬橋より7kほど下流の土佐和紙工芸村。いろいろ施設がありますが、右手のJAショップとトイレの間・・・

桜が咲いている。「十月桜」という品種の桜らしい。適当に名前つけているのかと思っていたが(失礼!)ネットで調べたらちゃんとそういう品種がある。

061117kasiki10gatusakura 八重咲きが特徴とのこと。

「珍しいねえ」と見てゆく人はいるが、この木の下でお花見や宴会をしている人を見かけたことはない(笑)。人は桜が咲いたから花見をするのではなくて、春だから花見をするんだねえ・・・当たり前といえば当たり前?不思議といえば不思議な事である。(私だけ?)

061117kasiki10pulatanus 工芸村のプラタナスの木も色づきはじめている。

定点観測写真をご覧頂くとわかるが、高知は本当に紅葉が少ない。確か植林率が85%くらいと記憶する。なにゆえかわからないが、高知の植林率は非常に高いらしい。急斜面だろうが、山頂付近だろうが、植林してあるので、「紅葉が里に下りてくる」という表現がなんとなくピンとこない。1000mを越えるあたりでいっぱいあった紅葉が、里山に近づくと、植林された杉ヒノキがいっぱいで、所々が紅葉している・・・というのが高知の風景である。

岡山市の旭川あたりで植林してない里山(つまり杉やヒノキのない紅葉、落葉する木)を見て感動した思い出がある。

 なぜ、高知はこんなに植林が多いのだろう?

« また仁淀川を下ってきました(笑) | トップページ | 仁淀川 物部川 アンパンマンミュージアム »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/4236804

この記事へのトラックバック一覧です: いの町土佐和紙工芸村:

« また仁淀川を下ってきました(笑) | トップページ | 仁淀川 物部川 アンパンマンミュージアム »