2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高知龍馬空港 | トップページ | 仁淀川定点観測 »

桂浜水族館、どくれおやじの解説付き

ogikubo氏より「高知に水族館があるのですか?」コメントいただいたので、お返事です。

 坂本竜馬の銅像があり、観光名所である「桂浜」に、「桂浜水族館」という水族館があります。(下記に記したHPをみて私も初めて知ったのだが)、創立1931年という由緒ある水族館です。

 桂浜は、高知市の南のはずれ太平洋に突き出た半島の先なのですが、その海岸にあるので、台風の時には大変そうです。

 施設は、名所旧跡のど真ん中にあるためか、民間の厳しさか、なかなか改築、増築ができず、とりあえずリニューアルはしているものの、近年の施設からみるとかなり見劣りがします。

 水槽数も少なく、展示してある魚は、主に近海で採れる魚介類。魚を大きくしてはどっかの料亭に売り飛ばしているのでは?と思うこともあります(笑)。

 その展示には、「どくれ(土佐弁・・・ひねくれ者の意味)おんちゃんの解説→「この魚は刺身で食べたらしょううまい(とてもおいしい)」等の解説があちこちの水槽にあります。(笑)

 20年以上前からずっと続いている、少々やけくそとも言える解説ですが、インターネットの発達で?この解説が面白がられ、知られるところとなり、最近は江ノ島あたりの最新の水族館から、この解説展示を視察にきたらしいから、世の中、面白いです。「継続は力なり」ということでしょうか?

 釣りキチ三平(うっひょ~!)で有名になったアカメ(目が赤く光る魚)がいるのが特筆すべき魚、ということになりそうですね。

 イルカのプール、アシカのプール、ウミガメのプール以外は小さな水槽ばかりです。

 イルカのショー、アシカのショーを見て、ウミガメにエサをあげて、標本展示室で鯨のペニスをみて帰ってくるのが私のおきまりのコースです(笑)。

 私の感想としては、「ひなびた昭和の観光地のひなびた水族館」という感じです。レトロ気分が満喫できます。

 ただ、本当に職員の方々は、(この施設・・・ある意味どうしようもない狭さと古さの施設と知りつつ・・・)どうしたらもっとお客さんが楽しんでくれるか・・・を一生懸命にやっているので、応援したい施設です。

桂浜水族館HP

高知県立のいち動物公園・・・こちらは、県立の動物園ですが、(HPでは紹介されてないが、)ジャングルミュージアムの中の熱帯水槽には、50cmを越えるアロワナやダトニオがいました。ogikubo氏のブログで知ったダトニオですが、石鯛のような模様で、イシダイ科?(属?どちらか忘れた)だということで納得。

四万十川学遊館・・・高知県西部四万十市にある主に淡水魚水槽の施設。熱帯魚もいるらしいが、ずいぶん前に行ったきりで憶えてません。

以上3つが高知のお魚がいるところ、になりますが、いずれもたぶん、都会のペットショップに水槽数は負けるんじゃないでしょうか(苦笑)

まあ、「おらんくの池には、潮吹く魚が泳ぎゆう」(よさこい節)から、まあ、よしとしましょうか!セミクジラとかニタリクジラは、ホエールウオッチングでかなりの確率で見られるらしいです。

ああ、でも、トンネル水槽とか巨大水槽とかみてみたい~(笑)

先日桂浜水族館に行った時の私のブログ

« 高知龍馬空港 | トップページ | 仁淀川定点観測 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ogikubo氏こんにちは。ちょっと学術的ですがアカメのHPでてきました。
http://www1.ocn.ne.jp/~akame/index.html
HP中の「アカメ稚魚の値段のアンケート」見ると高い値段で取引されているようですね。知らなかった・・・汽水域に住む魚で、高知市の高知港(ちょっと汚れている)や仁淀川にもけっこういるみたいです。めったに釣れないようですが、友人が釣ったこともあるようで、強烈なひきで、かなり面白いらしいです。

matu妻さんこんにちは。屋島と桂浜、それと足摺にもあるようですね。
(足摺はさすがに行った事がない・・・)屋島は、HP検索したら、経営が変わってリニューアルのため12月半ばまでお休みとのこと・・・がんばってほしいですね。

 子供ができて水族館にもまた行くようになりました。ただし、長男(10才)に聞いても、3才のころ連れていった大阪の「海遊館」のことを全然憶えてないそうです(笑)

matu妻です。
桂浜の水族館。20数年前に行ったことを思い出しました。
アシカのショーをみて感動した幼少時代。
四国の水族館といえば香川の屋島か桂浜でしょうね。
最近は淡水魚の水族館もありますね。
福岡の海の中道にある水族館のイルカのショーは圧巻でしたよ~

こんにちは。

四万十川のアカメ有名ですよね。

観賞魚として飼っている人もいるみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/4131440

この記事へのトラックバック一覧です: 桂浜水族館、どくれおやじの解説付き:

« 高知龍馬空港 | トップページ | 仁淀川定点観測 »