2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高知 とりあえず雨 | トップページ | 飛行蜘蛛・雪迎え »

仁淀川を渡るSL

0611260068yananose   高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)11月26日(日)午前11時頃の写真。渦ノ谷地点で水位0.70、不動地点▲0.68。国土交通省のデータより。

観測時は、変りなしの水位だったが、その後少し水位が上がってきた様子。雨の仁淀川でしたが、「あいの里」はそれなりににぎわってました。

さて、26日は、SL急行「土佐二十四万石博 一豊&千代号」運転最終日。今回の前に土讃線をSLが走ったは5年前のこと、らしいので、これは、見に行かねばなるまい!と出かける。

場所は仁淀川の鉄橋。通称「桜堤」。30分ほど前についた。その時にも今までこの場所でみたこともないほど人がいたのだが・・・

0611170068tutumi01 通過時刻が近づくとどんどん人が増える。

「鉄橋を渡るSL」を見る。みんな考えることは同じなんだなあ・・・と妙に感心。

0611170068tutumi02 さあ、来るぞという時になると横殴りのひどい雨。幼児をかかえて傘をさしながらなんとか撮影。

思えば、この40年過ぎの人生で、この目でSLを見るのは初めてである。

0611170068tutumi03c56 実際にSLが走る音というのは、なかなか迫力がある。サービスなのか?汽笛を何度も鳴らしながら橋を渡ってゆく。

0611170068tutumi04c56 雨のせいでなんだかピンぼけ。ついでに横の人の服が映っている(笑)

古いデジカメなので、次の写真を撮るのに時間がかかる。

0611170068tutumi05c56 あっという間にSLは橋を渡り、去ってゆきました。

いやあ、なかなかの迫力。今回見たのは復路。往路も見たかったのだが(往路は、SL後ろ向け運転だったらしい)配達に手間取り間に合わず。このSL「C56」というタイプらしい。

それにしても・・・写真、下手である。他の方の写した写真があったので(高知大学の教授の方で朝倉、鏡川近辺での撮影、2枚目には後ろ向き写真もあり)こちらにリンクしておきます

« 高知 とりあえず雨 | トップページ | 飛行蜘蛛・雪迎え »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

動くものの撮影は、なかなか難しい・・・もうちょっとカメラの勉強しなければ、と思いました。また、流し撮り等練習しますね。
 SL乗車券は、ネットで秒殺!で売れたらしく窓口では全然手に入らなかった、という話を聞きました。また機会あれば、なんとか乗ってみたいものです。
 客車は、ひょっとして・・・と数日前出かけた停車場(何とよぶのか?高知市の布師田というところ、田んぼの真ん中にあります)に止まっていたので、今思えば格納庫の中にSLもあったのですねえ。ゆっくり見られたので客車だけでも写真とっておけば良かった、と後悔。
 それにしても生でみたSLは存在感、迫力がありました。
高知市内でも線路からずいぶん離れたあちこちでSLの汽笛が聞こえたらしいです。誰も「うるさい」などと文句を言ってなかったみたいで、これもまたSLの魅力だなあ、と思いました。

こんにちは。

雨の中SL撮影ご苦労様。

SL迫力あるでしょう。

まさに生き物です。客車は12or

14系ですね。今度は是非乗ってみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/4338254

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川を渡るSL:

« 高知 とりあえず雨 | トップページ | 飛行蜘蛛・雪迎え »