2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 仁淀川 落ち鮎漁 | トップページ | 仁淀川いの町波川 »

仁淀川 落ち鮎漁その2

061203000yananose 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)11月29日(水)午前11時頃の写真。水位はほぼ変化なし。正確なデータは記録し忘れました(笑)

日曜日(12月8日)、さあ、配達・・・と思ったらフロントガラスに霜がびっしり。

おそらく初霜と思います。(いつもはもう少し起きるのが遅いので)

季節が変ってゆく。

061203hatusimo

仁淀川の落ち鮎漁。解禁日から3日たった状態の天王団地の横あたりを撮影。(八天大橋少し下)

06120300hatten17 思ったより人がいない。写真で見える高速道路の橋の下あたりが、鮎の産卵地として整備したあたり。

「稚鮎の生育のためには、海岸線の保全も必要」とガサガサさんにコメントいただいた。稚鮎は春まで、海の浅いところで過ごし、それから生れた川に上がってゆく。

海と川はあらためて、つながっている。

 海に棲む貝の種類も、地球温暖化のせいか変化しているようである。(先日蝶のことも調べていたら、南に棲む蝶がだんだん北に上がっているそうである。)地球温暖化は確実に進んでいる。

 ついでに、いのの「大黒さま」も、TVで見かけたが、上流から大黒様が流れ着いて、今の場所に祭ったそうである。

 仁淀川は愛媛県石鎚山に源流があるが、いののあたりで、上流とのつながりを感じることがある。なんとなく、「上流に対する信仰」というか、遠くはなれた源流石鎚山に対する信仰がある。

 面白いものである。

 いろんなものがつながっている。

« 仁淀川 落ち鮎漁 | トップページ | 仁淀川いの町波川 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

地球温暖化の影響心配です

二酸化炭素の減らし方
http://www.team-6.jp/

goo地球温暖化解説
http://eco.goo.ne.jp/word/issue/S00058.html


気温1度上昇が意味するもの
http://ecom.city.kyoto.jp/forum/board/newThreadEach.rhtml?bd=ondanka2&no=82&anc=82


その他、地球環境問題
ごみ問題 地球温暖化 オゾン層破壊 森林破壊 人口爆発と貧困 食糧問題 エネルギー問題   水資源の危機


ダイオキシン問題 アスベスト 遺伝子組み換え食品 電磁波 酸性雨 核兵器・原発
http://www.chikyumura.org/earthNow/booklet.php

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27029/4435669

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川 落ち鮎漁その2:

« 仁淀川 落ち鮎漁 | トップページ | 仁淀川いの町波川 »