2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

仁淀川定点2月25日

Yananose0702250064 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)2月25日(日)午前11時頃の写真。データ取り忘れました。26日の水位渦ノ谷地点で水位0.73、不動地点▲0.64・・・まあ、このくらいだと思います(笑)

国土交通省のデータより。

070225nanahosi 近所をうろついていたら、七星テントウが起きてきていました。

さっそく撮影。

最近の高知は、陽射しは春。気温は、暖かい日と少し寒い日が交互に続く感じです。暖かい日にはニットキャップが似合わないくらいの暖かさ。

3月1日には、四万十川。暖かいといいのですが・・・

雨上がりの仁淀川

Yananose02180009 ちょっとご無沙汰でした。WIN98のシステムがやばい状態で、復旧させてました。まだいくつかソフトも入れ直す必要もあり、ちょっとややこしいです。

さて、2月18日(日)の定点観測。ばたばたしてたので、水位データ記録し忘れてました。が、17日に、2ヶ月ぶりにまとまった雨となったのですが、水位はそれほど変わってません。ただ、陽射しが確実に明るくなりました。春です。

070218yananose_1 雨上がりできれいな空で、霧?がたつ片岡沈下橋の少し下のあたり。

午前9時すぎくらい。

いい感じでした。

070218kurose 少し下ったところ。木にひっかかったゴミ?とよく見ると、水滴のついた蜘蛛の巣でした。

なんだか、こんな湿った空気の気持ちいい感じも久しぶり。

さて、3月1日には、さっそく四万十川に行くことになりそうです。今年最初のカヌー。

環境変化を憂うべき暖冬で、四万十川の菜の花も咲き始めたらしく、見に行って来ます。

まだまだ冬の北国の方々、ごめんなさい(笑)

仁淀川 2月9日 雨 ざっとしたことしなや!

Yananose0702090065 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)2月9日(金)午前11時頃の写真。水位渦ノ谷地点で水位0.70、不動地点▲0.65

国土交通省のデータより。ほとんど水位上昇なし。春の雨のような雨8日には高知で19度くらいになった。しかしこの3連休はまた気温も下がりそう。といっても最高気温15度くらいのようである。

さて、先日(といっても去年、10月4日「せられん」参照)、おかしな張り紙をみたスーパーに立ち寄ったのでまた見てみたらあった。

Seraren0702080 写真(クリックで拡大)の注意書き。障害者トイレで飲食、髪を染める等の行為があった・・・ということですね、これは。

まさに、自分のお部屋感覚(笑)。確かにちょっと広い個室だが・・・

ざっとしたことしなや!

雑としたことしなや!→適当なことするな!の土佐弁。

へごなことしなや!と言う事もある。

私の感覚では、「ざっとした」は、適当(いきあたりばったり)な感じ「へごなこと」は、ずるい(意識的に悪さをしている)感じがする。

いずれにしても「せられんもんはせられん!」(笑)

修理完了

オーバーヒートして、ガスケットの抜けかけた車の修理をしてもらっていた工場からTELが。無事直りました、とのこと。

 古い車を乗ってはラジエーターとかが詰まってパイプが壊れてオーバーヒートして・・・という事を何度か経験し、今回もひょっとして詰まっていたら・・・とおびえていましたが、今回は単なる劣化ということでそのところも安心。

 0702080rajieta

交換した部品。プラスチックのパイプ継ぎ手を金属製のものに変えてくれてました。

メーカー(ダイハツ)に連絡したところ、このプラスチックのパイプ継ぎ手が劣化して水が噴き出すトラブルが良くあるそうで・・・良くあるってこれはリコールしてもいいくらいだね(笑)、と工場の方は皮肉を言ってみたそうですが、とくに反応はなかったそうです。やれやれ。

それにしても最近の車は、良いランクの車でも軽量化か、経費削減か同じようなプラスチックの継ぎ手が使われていることが多いそうです。

みなさんもご注意を。

今回、オーバーヒートで抜けかけたガスケットの補修には、HOLTの製品(冷却水に混ぜて入れて使う)を使ったそうです。この製品、ガスケットの抜けた時、予防にも良いとメーカーが言ってるらしいです。整備工場で使ったあと、何年か追跡調査しても特にトラブルもなくオススメとのことでした。

 これから先、私が個人的にこの商品を使うことはまずないと思うので、その商品名とかは聞きませんでしたが、まあ、世の中には色々便利なものがあるものだなあ・・・と感心しました。

とりあえずひと安心。

この記事は、ラッキューさんのブログにトラックバックさせていただきました。

クラッシュした車

先日、オーバーヒートした車。

今日直る予定ですが・・・さてどうなることやら・・・

ラジエーターから続くパイプの継ぎ目の部品が壊れて、水が噴き出したのが原因。

 壊れたまま少し走ってしまったので、ガスケット(エンジン内で冷却水とピストンの間にある膜みたいなもの?)が抜けかけているらしく、ガスケットの補修剤を冷却水にまぜてガスケットをなおしくれているそうです。

 と、言われても、私にはどうしようもないので、いつもお世話になっている修理屋さんを信じて、直ることを祈る以外にありません・・・

 どうか無事直ってくれますように・・・

へろへろ(笑)

Yananose070204 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)2月4日(日)午前11時頃の写真。水位渦ノ谷地点で水位0.66、不動地点▲0.68

国土交通省のデータより。

ほぼ水位変らず。小雨のため早明浦ダム(吉野川)等の水位が下がってきた事をローカルニュースで知る。節水、節水。

Sirohougennjiwyv07020400 片岡の沈下橋の下にある、黒瀬(キャンプ場がある)から、岡本神社に行ってみる。片岡氏のお城、法厳城跡とのことで、すぐ近くだろうと山を登りはじめる。道はコンクリートの舗装道だが、せっかくなのでと歩いて登る。

山腹に神社が見えたのであそこだろうと行ったのだが・・・すさまじい急斜面の道を行けども行けどもたどりつかない・・・・あとで見たら、尾根筋(2枚目写真中央あたり)にあった。

登り続けること1時間、やっと神社に。

Sirohougennji07020400 足下に片岡の集落と片岡の沈下橋が見える。遠くに越知の横倉山あたりも見えている。まさに山城跡。

 下りてきたとき、足はガクガク。

 そのうえ、家に帰っていたら、車がオーバーヒート!家まで10kくらいあったので迎えにきてもらったが、そのまま子供のリクエストで公園等に連れて行かれ、だっこして・・・まさに心も体もへろへろ状態。

「まあ、山の中で車が止まらないでよかったね」と慰められながら、早々に眠りにつきました。

高知のプロ野球キャンプ

このブログいつの間にか一年間続いていることに気づきました。とりあえず続いているので立派なものです。

ふりかえってみるとそれなりにいろんな話題があったようですが、最近城巡りばっかりなので(苦笑)たまには、こんな話題もと思い、書いてます(笑)

2月1日よりプロ野球キャンプが始まりましたね。

ちょっと前まで、春野球場に西武一軍、高知市営球場(現高知球場)にオリックス(阪急ブレーブス時代も)一軍、安芸市には阪神一軍という、今思えば豪華なキャンプだった時代もあったのですが、今日はじまったキャンプは

オリックス二軍(高知東部球場)と阪神二軍(安芸球場)でした。

ちっくと(ちょっと)寂しい・・・

あまり(というかほとんど)プロ野球を見ないので、詳しくなくどこのチームだったか覚えてないのですが、確か数年前には東部球場に、王監督がやってきて子供が近くの保育園だったので交流会に招かれて、リボンのついた五円玉をもらってきていた記憶があります。

 その五円玉をくれたのが、王監督だったのか、誰かコーチだったのか問いただしたのですが、保育園児には分らなかったようで、うちでは「まあ、王監督に直接もらったありがたい五円・・・ということにしよう」となりました。家内がもっていると思いますが、さて今もあるのかな?

 その頃は、高知球場が一軍、東部球場が二軍の練習場だったので、二軍が夕方になるとランニングして高知球場の近くの市内(中心部)の宿舎に帰っていました。疲れているのか、結構オーバーランしてくる選手もいて、確か私の車が「田上選手」とぶつかりそうになったのを覚えています。

 田上選手は、やがて一軍で活躍してたので、TVのニュースなんかでたまに見かけると「わしが轢きそうになった選手じゃ~」「あのときぶつかっていたら今のこの活躍はないかもね」と、勝手にわが家で盛り上がっていました。選手にとっては迷惑な応援ですね(笑)

 高知に春を連れてくる、プロ野球キャンプ。二軍の選手は、一軍より身近に感じられるので、「わが家の期待の選手」を見つけに近所の東部球場に出かけてみるのも楽しいかもしれない。

 次の休みでも子供つれて、散歩がてらのぞきに行ってみようかな。

キャンプ等のスケジュールは(財)高知県観光コンベンション協会のWEBで確認できます。

いの町加田城

Sirokada07013101 今日は、いの町仁淀川沿いの「加田城」に向かう。

加田のキャンプ場を越えて、少し走ると右に大きくカーブするが、そのカーブが終わったあたり(写真1)に右に上る道がある。その分かれ目に、階段がある。分かれ道の少し広くなった所に車を止めさせてもらう。

「忠霊塔」の石碑があるので、その階段を上る。

Sirokada07013102 階段はコンクリートで昇りやすい。途中、仁淀川もキレイに見える。

Sirokada07013104階段が終わったところにサイレンと放送の設備、それにステンレスの大きな箱(簡易水道の水をためる施設と思う)がある。そこを右に進むとすぐつきあたりに鳥居が見える。

鳥居の奥の神社の左に由来がかかれた石碑があった。

Sirokada07013103 賀田城跡(石碑の表記は「加」ではなく「賀」であった。)

城主井上又四郎。天文の頃築城。弘治二年(1556)本山氏侵攻の際、戦禍を憂い、戦わず城を明け渡し、下野しこの地に永住する。とあった。

無駄な戦い、負ける戦をしないというのも大将の英断である。

忠霊塔もあり、地元の人が手をいれて管理しているようで、土塁等もみあたらず、ただ石碑だけがその跡を記録するのみである。

木々の間からは、下の道からは見えない日高村あたりも見えて見晴らしも良い。散歩がてらに来られる場所である。

仁淀川定点観測1月31日

Yananose0701310069 高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)1月31日(水)午前10時頃の写真。水位渦ノ谷地点で水位0.67、不動地点▲0.68

国土交通省のデータより。

良い天気である。しかし気温が低い。水位も低い。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »