2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

久しぶりの仁淀川と鮎情報?

Yananose070622017 久しぶりのUPです。

れさでした。

国土交通省のデータ・・・高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)6月22日(金)午前10時頃の写真。水位、いの(渦ノ谷)地点で水位1.18、不動地点0.17。

久しぶりに水位が増えてます。

写真右手のコースもここ数ヶ月ずっとふさがっていたのが水が流れてます。

で、解禁になった鮎の様子ですが、全く釣れないとのことで、瀬にいつもは竿を出している人がほとんどいません。

 「あいの里」スタッフさんの話では、「もう今年は仁淀にはこん!」と言っていた釣り人もいるようです。6月半ばからは網もはじまり鮎はますます減ってしまうとのこと。

 去年秋からずっと続いた渇水が、←台風がくると見越して放水したら雨が降らずにダムが水位が減って、ダムが水をずっとためていた・・・といううわさもあるが・・・とにかく、川に鮎が上ってきていない様子。

 カヌーをするものにとって、鮎釣りの人はとっても邪魔である(あるいは逆もまた正なり)しかし、釣り人のいない仁淀川は、あまりにも寂しい。ローカルの川船にのったおじさん達もいない川。

 せめて梅雨があけたら、みなさん水辺で遊びましょう。

 

6月1日の仁淀川

 先日の「仁淀川 カヌー下り」にmatu氏よりコメントいただいたこともあり、6月1日に仁淀川にでかけてみた。というか配達です(笑)しかし、カメラを忘れてしまいました。

 10時すぎでしたが、土佐和紙工芸村の上、あいの里の下、いつもの定点観測の柳の瀬橋下、とりあえず瀬という瀬には釣り人がいます。ニュース等だと、15cmくらいの大きさとのことだったのでまだまだ小さいですね。

 明日も配達ですが、明日も解禁後はじめての日曜日ということでそれなりに人がでるのでは。しかし、あまり釣れてないようだし、型も小さいようなので、明日以降平日は、釣り人も減るのでは・・・と楽観。

 しかし、カヌーであの竿をよけながら下るのは少しキビシイですね。

 まあ、もう少し様子をみて報告します。

参考「仁淀川ガサガサ探偵団さんの記事あゆ漁解禁」もどうぞ。ガサガサもなかなか参加できないなあ。

上記ガサガサさんの記事から仁淀川漁協のWEBにとんで眺めていましたが、思っていたより鮎のポイントって少ないですね。

この記事は、「土佐の民家風ログ」の記事ショートツーリングカヌーにトラックバックさせていただきました。ivylogstudioさん、ツーリングお疲れさまでした。また行きましょう!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »