2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

仁淀川支流 むささび温泉の上のあたり

07290008 今日は、カヌーなし。

子供連れて水遊び。

ちいさな沈下橋のあるキモチのいい場所を見つけたので、半日遊んできました。

 今日は、さすがに仁淀川のあちこちで家族で水遊びしていましたね。

今日はこどもたちは、さすがに良く眠っています(笑)

仁淀川いい感じです

仁淀川、カヌーにいい感じです。

明日は黒瀬で鮎釣り大会があるようですが、主催の釣具屋さんの話(ラジオ)では、釣果はあまり良くないようですね。

 私は、明日はカヌーなしで水遊びにいってきます。

どこか涼しい木陰をさがしてのんびりと過ごしたいと思ってますが・・・子供連れて行くので無理だろうなあ・・・

matu氏へ・・・今が仁淀川最高ですね!

水分補給忘れずに行ってきてください。(下見も忘れずに)

ダッキーにのってたうちの2番目も、「こわいからカヌーはイヤ」といいだしました(笑)

7月25日仁淀川定点観測

Yananose0707250001

国土交通省のデータ・・・高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)7月25日(水)午前10時頃の写真。水位、いの(渦ノ谷)地点で水位1.48、不動地点▲0.01。

程良い水位です。写真右手のコースもカヌー下り可。このくらいの水位がずっと続けば(瀬はやや単調になるが)下りやすいですね。

1555573_img 先日(7月22日)の長男初川下りの写真です。親ばかですが、いいんです(笑)なんせ、一人ではじめて漕いだんですから(笑)

今度は、初沈に挑戦だ~(笑)

 ☆☆夏休みになって、水遊びの季節になりました。水の事故には充分気をつけましょう!☆☆

1555575_img

1555577_img

仁淀川カヌー(7月22日)

今回は、長男が一人で漕ぐ初めてのツーリング。仁淀川は、水量多く、乳白色に濁っているが、まあトロ場が早く進んでいいだろう、なにより、蒸し暑いので水遊びがしたくて、出発!

 コースは、いの町柳の瀬「あいの里」から鹿敷の「土佐和紙工芸村」の下まで5kmくらいの距離。

 私は、次男と2人のりでダッキーでついて行く。

 最初に長男をのせて下った時、「寒いコワイ帰ろう」と言ってそれからしばらく川下りをしてなかったのだが・・・なかなかしっかり漕いで下ってゆく。

 かわりに次男が「寒い、こわい」と言っている。そういえば、はじめて下った長男の年と同じくらいだろうか・・・やはり、川の瀬はなにか「こわい」と思わせるものがあるのだろう。でも、それでいいのだと思う。川は「こわい」のである。そこを越えてゆくから価値があるのだ・・・

 体重も軽いので、艇が良く進む。おいて行かれそうになるくらいである。

 う~ん、すっかり成長したなあ・・・沈することもなく、無事到着。

工芸村の下の支流の所は、水も透明で水遊びには最適(ちょっと水が冷たいが)。魚もいっぱいいるので飽きない。←工芸村のすぐ下手のところ。車でも下りられるが、四駆でないと砂浜は沈みそう。

しばらく水遊びして帰りました。

 

仁淀川の産廃施設

 夏が近づいてきたせいか、仁淀川ガサガサ探偵団さんが高知新聞に載っていたり、仁淀川カヌースクールがラジオで紹介されたりしているのを見たり聞いたり。

 そんななかで、とうとう日高村産廃の入札が始まる、というニュースを聞きました。

 日高村というと、国道33号線沿いの町、と思われるでしょうが、実は、仁淀川の南岸も日高村。

 産廃予定地は、定点観測している柳の瀬や「あいの里」より少し下の対岸のあたり。道からも見えています。

 コンクリートのプールのようにして汚れが川に入らないようにする、とのことですが、100%入らないということはあり得ないでしょう。

 この世の中に100%なんてことはあり得ない。

 20年くらい前、「原発は100%安全です。」とたしか政府公報が書いているのを見かけてよけいに嘘っぽい・・・と思った記憶があります。まあ、100%安全かどうかは今では言わずもがなですが・・・

 余談はさておき・・・・

 仁淀川は、産廃予定地より下流にも、たくさんの豊かな自然を育んでいます。

 海に出た、仁淀川の水は、桂浜まで流れて五色の石を運んでいます。

 なんだか、自分自身も含めて、ゴミを出し続ける、水を汚し続ける今の生活、なんとかならないものかなあ・・・とよく考えています。

 開発に取り残された、一番遅れた高知県、カワウソが最後に見られた高知県。

 海や川を汚すことまで、都会のまねをする必要はないのに・・・

仁淀川の沈下橋沈む

07150005_1

鎌井田の沈下橋(放水口から下ったところ)沈んでます。15日朝、橋の上にはぼんやりと虹がかかってます。濁流と虹。右下には、この時より1~2m水位が上がっていたのかゴミが見えます。

国土交通省のデータ一昨日くらいから、トップページから先へ行けません。つながりにくくなっています・・・というメッセージ、アクセスが混み合っているのでしょうか?台風等の緊急時に使えないWEB・・・どうなんでしょう・・・と文句を言ってみる。

まあ、3mくらいは増えてます。

07150007

いつもの定点も中州が消えてますね。

ここ数日は、にごりもとれないかも・・・・

仁淀川でカヌー教室されている、三浦さんの仁淀川カヌーにリンクしておきます。

最新情報がわかるかもしれません。

水さえ澄めば、カヌーできるでしょうが、18日あたりは、難しいかもしれませんね。

仁淀川7月13日

07130003

国土交通省のデータ・・・高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)7月13日(金)午前10時頃の写真。水位、いの(渦ノ谷)地点で水位1.88、不動地点0.85。

しかし、夜には、1mほど水位が上がってます。

2007年最高の水位だと思います。

 国土交通省データみてたら、早明浦ダム(吉野川)のダム放流通知というのがありました。とりあえず、水不足は解消、ということでしょうか?

 台風の前で、この状態、しかも、台風4号は、高知県の南を通るため、雨が大量に降りそうです。これは災害がコワイですね。

 個人的には、今年は、うちの店の前に家内がいっぱいバラを買ってきて置いてます。うちの前は風が抜けるのでこのバラの鉢植えに被害が出そうです。家内の機嫌が悪くなりそうで、コワイですね(笑)

 冗談はさておき、明日、土曜日~日曜日未明にかけて高知を通過しそうな台風4号です。みなさん注意しましょう。

 

 

さ~て今週の仁淀川は?(笑)

7月8日、いつものように仁淀川に配達に出かける。

カメラは忘れたので写真無し・・・柳の瀬「あいの里」から帰っていると、キャリアにプレイ艇(短いやつ)のカヌーを積んだ車数台とすれ違う。

たぶん放水口あたりを下るのだろう。この水位だと放水口の下あたりにホールができてるかもしれない。ロールができる(カヌーがひっくり返ってもそのまま起きあがれるテクニック)というのは、本当にうらやましい・・・

 matu氏よりコメントをいただいた。ありがとうございます。

返答です→今週も水曜金曜日曜と配達に行くので川の様子見てきます。(写真もとってきますね)川の水の濁りがひどくなければ、今年は釣り人はほぼいないのでカヌー大丈夫だと思います。これくらいの水量が続くなら、黒瀬キャンプ場から下でコースを決めれば良いと思いますね。ただ今週はずっと雨模様らしいので微妙なところですね。

 晴れるといいですね。

仁淀川7月6日

07060002 7月6日(金)

今日はいい雨でした。久しぶりに「高知の雨」という感じ。

国土交通省のデータ・・・高知の仁淀川定点撮影(柳瀬橋上より)7月6日(金)午前10時頃の写真。水位、いの(渦ノ谷)地点で水位1.62、不動地点0.37。

ですが、7日夜中(早朝?)には、不動地点水位が上記より1mほど増えてます。いのは50cmほどの増加。

おそらく仁淀川は濁流状態でしょう。濁りがとれるまで何日かかかるかもしれませんね。

吉野川の早明浦(さめうら)ダムは貯水率30%程度。がんばって増えてほしいものです。

ダム諸量一覧表 (四国地方)

 国土交通省「四国地方のダムの諸量」を見てしてみました。仁淀川のダム大渡ダムは、無事貯水量100%になりました。

 今話題の早明浦(さめうら)ダムは、まだまだ26%ですね。

 今日も仁淀川の柳の瀬まで行ってきましたが、川の水も久しぶり(半年ぶりくらい)に増水していて、やっと水が増えた・・・という感じでしたね。

 今年は、高知市を流れる鏡川の鏡ダム上流域で、鮎が近年にない豊漁とのことです。

 今年は仁淀川でカヌーができそうですよ!

 しかし、仁淀川流域は、なんとなく釣り人や車が少なくてさみしい感じです。

 みんなで仁淀川で遊びましょう!

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »