2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

よかったら見てね

  • リバーランズの由来
    このBLOGのタイトル「リバーランズ」は、1992年の米映画「リバーランズ・スルーイット」からいただきました。ロバートレッドフォード監督作品。ブラッドピットもでてて、当時の話題作なので、レンタルビデオ屋さんにもあると思います。映像がきれいな作品です。機会があったら見てみてくださいね。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ダッキー

Dukie 最近は、仁淀川でもスタンディングパドルボートを見かけるようになりました。 持ち運びが楽そうでいいですね。
うちは、相変わらずダッキーです。 6月、もう水遊びの季節になりました。

最近見たサイトに。

オークションについてのページ

玄関のインテリア

鮎釣り始まる

Iwaba_3

高知県の仁淀川では、6月から鮎解禁。カヌーは下りにくくなります。写真はいの町加田、ダッキーで対岸に渡って撮った写真です。

笹ヶ峰

Kimg1569_2
最近、山に登っています。仁淀川源流域、いの町と愛媛県の県境の山。

2009年4月2日四万十川

04020005 まだまだ沈する勇気はないので、四万十川の下流あたりをダッキーでのんびりと・・・菜の花はもう終わりかけていたけれど、それなりに楽しみました。

乾いてます

仁淀川、雨が降らないので、どんどん川幅が狭くなってます。早く雨降れ~!

最近の僕らは

最近の報告です。2008年6月から、仁淀川の近くに家を借りました。

日曜日は、朝は、畑を少し耕したりして、午後から川に遊びにいってます。

 なにしろ、泳いだそのまま家に帰られるのがうれしいですね(笑)

 鮎が終われば、(たぶん9月末まで・・・まだ先の話ですが)カヌーにも出かけられると思います。

  仁淀に遊びにきたら声をかけて・・・・と言いたいところですが、家は、携帯も圏外、固定電話なし、もちろんネット環境もなし、という状態です。

 携帯にかけてもらって「圏外」通知ならば、家におります・・・・で、どうやって連絡しろと?(笑)

仁淀川支流 むささび温泉の上のあたり

07290008 今日は、カヌーなし。

子供連れて水遊び。

ちいさな沈下橋のあるキモチのいい場所を見つけたので、半日遊んできました。

 今日は、さすがに仁淀川のあちこちで家族で水遊びしていましたね。

今日はこどもたちは、さすがに良く眠っています(笑)

水の事故・台風

高知は、台風の強風域に入っているようだが、雨はそれほど降っていないし風もそれほど吹いていない。不思議な感じである。

ラジオ聞いていても思ったが、関東のほうが台風の影響による雨が降っているようだ。神奈川県酒匂川の事故。25人が中州等に取り残された。鮎釣りの人がたくさん事故にあったようだが、それでも1人死亡、1人不明で済んだのは鮎釣りの人たちの多くがライフジャケットを着ていたからではないか?

 高知では、サーファーが流され死亡。海が荒れているのは充分分かっていただろうから、過信があったのか?

 何年か前、知り合いに連れられて何度か渡船にのって海で釣りをしたことがある。

 台風が日本の沖に留まり、天気は良いし波もそれほどないのだが、海で突然の大波が起こって磯を洗い、人が死んだことがあった。その数日あと、やっぱり沖に台風があった。

 わたしたちは、渡船屋に行って渡してくれるよう頼んだが、渡船屋はこう言って、渡してくれなかった。

「命かけてまで釣りすることはなかろう・・・」

その渡船屋こそ事故に遭った人を沖に運んだ渡船屋だった。海に(水に)精通した者でさえ予想できないことが起きる。それが自然なのだろう。

ついついあそびに行って、無理してしまうことが誰でもある。

そんな時、その言葉を思い出し、自分に問うてみる。

「命かけてまでする○○じゃ、なかろう・・・」と。

シャワークライミング報告

8月12日シャワークライミングにいってきました。

安居渓谷「飛龍の滝」登り、うちの子供でもなんとかできそうとのことで滝に向かって、出発!小4の息子は、緊張の面もちで沢を登ってゆく。子供が少し疲れてきたかな、というところで、遊歩道にあがり少し歩くと「飛龍の滝」が・・・見事である。「泳いでもいいですよ」という言葉で早速滝壺で泳ぐ(笑)。

それから、準備ができてから、一人ずつ「シャワークライミング」・・・滝を登る。登る、といってもそれほど長い距離でもないし、しっかりサポートしてもらっているから危険もない。と思うが、子供は順番が近づくと、しっかり緊張している。

「しっかりサポートしてくれているから、恐がることはない。とにかく、びびって動けなくなったら、そっちが危険だから、思い切って行って来い。」と送り出す。なんとか無事、登る。

そのあとに私の番。みんなが、手間取るところで、私もやっぱり手間取る。

昔々は、家の近所の山の岩に登って遊んでたことを思うと、これくらいのところで・・・と思い、なんだか情けない。しかし、これが今の私の体力なんだろうなあ・・・

  滝の上のステージを歩き、滝の水に打たれ無事、終了。

帰りに、岩からの飛び込みを3度もやった息子。

家に帰ってきて「どうだった?」と聞いたら、「飛び込みが楽しかった」・・・やっぱり(笑)

うちの子供はちょっと「へたれ」で、遊園地の遊具でさえ、(年下の子供たちがどんどん登っているのに)途中で登れなくなっていた。それを思うと、今回のクライミング、飛び込みは、ずいぶん冒険だったようだ。

(事実、次の日には家族で、また仁淀川に泳ぎに行って1mくらいの岩の上から飛び込むのをいやがって、半泣きになって、「昨日の所よりずっと低いじゃないか~」と私に突き落とされたくらいである(笑)。1度飛び込むと、喜んで何度もやっていたが・・・)

「シャワークライミング」は、この夏の子供の大冒険といったところだろうか。この子もやるときはやるんだなあ、と、ずいぶんたくましく感じた父でした。

私は、ロープの偉大さに感動。たった1本のロープがあれば(もちろん、専門知識がいることはいうまでもないが)あんな滝でも安心して、歩いて行くことが出来る。

そしてなにより、安居渓谷のきれいさは、なにものにも代え難い。

あの自然のなかで過ごした時間、普段、たとえ渓谷に行っても、渓谷の沢を歩いたり、滝壺で泳いだりすることはまず無い、そのすべてが、体験できるというのは非常に貴重だなあ・・・と思う。

デジカメは持ってゆかなかったので、写真はないけれど、滝のところでの写真は撮ってもらったので楽しみである。

高知市の東の外れから、佐川、越知経由で2時間かからず到着。以外と近い。帰りは、いの町にぬけたが、私の配達先「あいの里」から25kくらい。道も良いので30分もあれば行ける。また、時間を作って安居渓谷にいってみようと思う。

普段は、見るだけの渓谷が、アドベンチャーワールドになる「シャワークライミング」参加すべし!である。

この記事は、シャワークライミングの三好さんのブログ「人のよろしき、水のよろしき」にトラックバックさせていただきました。三好×2さんありがとうございました。ブログを読んでつられて?落とした携帯は、結局よみがえらず、うちも「らくらくホン」になりました(笑)また、ツリークライミング等に参加させていただきますね。

シャワークライミング

今日も「あいの里」まで配達。今日は子供と水着をもってでかけ、帰りに勝が瀬の合流点から鹿敷の工芸村のちょっと上まで、ライフジャケットを着て漂流。

気持ちいい!

仁淀川関連のページを「仁淀川ガサガサ探偵団」からのリンクで探していたら、やはりこの季節「シャワークライミング」が気になった。

で、小4の息子とさっそく参加表明!「フィールドネット池川」さんのところでお世話になることにした。

写真を見ているだけで気持ちよさそうである。池川の安居渓谷、昨年あそびに行ったが、きれいな水で、ちょっと寒そうかな?

もちろん?クライミングなど未経験なので、初心者コース。水とたわむれてきます。

来週は、予約でいっぱいとのことであるが、面白そうである。この週末に出かけてくるので、結果報告お楽しみに?